『お子様が、グローバル社会で生き抜く力と心を育む6つの提案』

ICTの進歩が地球規模でグローバル化を後押しし、昨今ではAIが人間の営みを一変させようとしています。 急速な技術革新により、今後も我々は大きな恩恵を受ける一方で、地球の存亡をも脅かすような課題とも向き合わなければならない事もあるでしょう。 こうした時代だからこそ社会への貢献を志し、世界と協働し、テクノロジーを創り、ICTを活用してくじける事なく困難も乗り越えられる人材の育成が求められています。その力と心をお子様の時期から育む教育をご提案します。

主 催 (株)インターグループ ・ 子どもの理科離れをなくす会
会 場 東京ビックサイト 国際ロボット展 iREX2017 内特設会場
日 時
○Space Robot Contest @ iREX2017
2017年12月2日(土) 10:00-16:30
会場は東京ビックサイト「東8ホール内」
○大人のロボット塾
2017年12月1日(金) 15:45-17:30
会場は東京ビックサイト「東2ホール内」

プログラムメニュー

子ども扱いしないプログラミング教育(12/2【土】)

1. Space Robot Contest 2017 @ iREX 2017

『全国から集結したスーパーITジュニアが、宇宙開発ミッションに火星探査ロボットのプログラミングで競演。』

14年来、参加者の中から国際科学コンテストの世界チャンピオンを何人も輩出しています。未来を切り拓く人材が集結し、卓越した独創性と解決力で、自らプログラミングした自律型ロボットで、宇宙開発や地球規模の課題に挑みます。観るだけでもお子様にプログラミングの楽しさが伝わります。もちろん、ICTスキルで腕に覚えのあるお子様の参戦もお待ちしております。

総括監修 北原達正氏
子どもの理科離れをなくす会代表。京都大学大学院で宇宙物理学専攻。京都大学などで教鞭をとるかたわら、2003年同会を発足。
ロボット・科学教育を通じて、人間教育と未来に通用する人材の育成に努める。文部科学省21世紀プランなどに採択。
(一社)国際科学教育協会 代表理事

参加対象 小(3年生以上)、中、高、大学生
定 員 30名

※なお本件は参加資格要件がございます。下記申込みサイトにてご案内致します。
※本イベントはどなたでも観戦頂けます。

定員に達しましたので、申し込みを締め切りました。

2. ドローン×地上ロボットで地下埋蔵資源を探索
(12/2【土】11:30-12:00)
Global Issue Presentation

『スーパーICTジュニアが、地球規模の課題へのチャレンジをデモ&プレゼンテーション』

スーパーICTジュニアが、ロボット&プログラミングを駆使して現在取り組んでいるリアリティのあるGlobal Science Issueへのチャレンジをデモンストレーションします。今回は、ドローンが上空より撮影する画像のデータに基づき、地上のロボットが資源埋蔵地点を特定するイメージをデモ走行を交えて紹介します。普通の子どもたちが継続学習で手に入れた本物のICTスキルで、真剣に課題解決に取り組む姿が、将来世界と協働するお子様と重ね合わせる機会となれば幸いです。

※本イベントはどなたでも観戦頂けます。


3. 自律型ロボット・プログラミング体験教室
(12/2【土】午前の部10:00-12:00/午後の部14:00-16:00)

『宇宙探査ロボットのプログラミングに挑戦』

初心者大歓迎です。本物の宇宙探査ロボットと同じ機能を持つ教材を使って、ロボットを課題に則して自由な発想でプログラミングし動かしてみます。試行錯誤と協働して問題解決に挑み、その成果がすぐに見える楽しさを体験頂きます。

※このプログラムは、文部科学省21世紀プラン、JST理数学力増進事業SPP(サイエンスパートナープログラム)や日本科学未来館など多くの採択実績があります。

体験参加対象 9歳~14歳
定 員 午前の部(10:00-12:00) 50名
午後の部(14:00-16:00) 50名
定員に達しましたので、申し込みを締め切りました。

特別セミナー

4. 子どもから始める“世界標準のプログラミング教育”
(12/2【土】14:00-15:00)
-世界最先端の教育に学ぶ-

『ICT教育の第一人者と考えるセミナー、“AI×グローバル”社会を担う力を育む』

これからは、どこにいてもICTを操り世界と協働、競争できる力が生きる支えとなります。
世界は時代の先を見据えて「国の未来を担う子どもが生きていく為に必要な力」を育む取り組みを着実に進めています。そこで大切なことは、プログラミングを学ぶのではなく、教育を通じて、社会が大きく変貌しても時代をリードする順応する力や創造力を育むこと。日本も、2020年のプログラミング必修化を待たずして始動する時がやってきました。

講師:上松恵理子氏(武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部 准教授・教育学博士)
・教育における情報通信(ICT)の利活用促進をめざす議員連盟(超党派)」有識者アドバイザー
・総務省「プログラミング教育事業推進会議」委員
・近年では主に世界の最先端のICT教育やプログラミング教育の調査を行う。
・著書:『小学校にプログラミングがやってきた!超入門編』(三省堂)など。

参加対象 プログラミング教育・プログラミング教育指導にご興味のある方
定 員 30名

世界と協働できる英語力を養う

5. 子どもから始める“グローバル英語”トレーニング
(12/2【土】 13:00-14:00)

『体験から学ぶ、国際社会で通じる英語力の鍛錬法』

世界のエリートの話す英語が必ずしもネイティブのように流暢なわけではありません。
国連でも多数のノンネイティブが英語で地球規模の問題について議論を交わしています。国際社会で生きていくためには、流暢に話せなくても英語で正確に意思疎通できる底力をつける事。これは、英会話だけでは身につきません。国籍、文化、発音、なまりの壁も乗り越えて英語で、話し手の意思を正確に理解し聞き手の論理でシンプルに伝える通訳者の訓練法のエッセンス隠し味にした、国際舞台で活躍するビジネスエリート、キャリア官僚や宇宙飛行士等も半世紀にわたり実践する英語トレーニングを導入した『子どものための英語教育プログラム』をご体験下さい。

参加対象 9歳~14歳
英語力の目安:英語の学習体験や英語を使った経験のある方
定 員 30名
子どもから始める“グローバル英語”トレーニングに申し込む

次代を担うグローバルICT人材を育成する

6. 大人のロボット塾
(12/1【金】15:45-17:30)

『体験から学ぶ、AI時代のICTエリート育成指導・評価プログラム』

自ら判断し動くロボットのプログラミングに挑戦するだけでなく、ICTを活用してチームで問題解決できるグローバル人材必須の能力(創造、構想、論理的思考、問題発見、達成、リーダーシップ、協議・調整)を養成、評価するこれまでにない人材育成プログラムを体験。現代のすべての職業にICTスキルは必要だと感じていらっしゃる方はもとより、今後育成が急務となる教育現場での指導者としても活躍されたい方やご家庭でお子様のプログラミング学習をサポートされるご父兄様も是非ご体験下さい。

参加対象 プログラミング教育指導をご担当される/志望される方
(教育関係者、一般※主婦、シニア層の皆様も歓迎)
企業団体の人事・教育研修ご担当者
定 員 50名
定員に達しましたので、申し込みを締め切りました。